介護士で年収1000万円を目指す3つの方法!おすすめの資格と収入を上げるポイント
0回の更新

介護士で年収1000万円を目指す3つの方法!おすすめの資格と収入を上げるポイント

介護士は非常にやりがいのある仕事だということは、現在活躍されている介護職の方も感じているでしょう。

しかし、収入に満足していない方や、将来に不安を感じて介護士を続けるべきか悩んでいる方もいるかもしれません。

というのも、「介護士=給料が低い」というイメージがあるように、一般的な介護士は高収入とは言えない状況です。

しかし、介護業界全体で見れば年収1000万円程度の高収入を得ることも不可能ではありません。

この記事では、介護士が年収1000万円を目指すための方法について解説します。

結婚や子供の将来を考え、高収入を目指したい介護士の方は、ぜひ最後まで読んで年収アップにつなげてください。

この記事でわかること

  • 介護士の年収1000万は可能かどうか
  • 介護関連の仕事で年収1000万を達成するためにすべきこと
  • 年収1000万を達成するためにおすすめの介護の資格

こんな人におすすめの記事です

  • 介護士の年収1000万は達成可能なのか知りたい方
  • 介護の仕事で年収1000万を目指したい方
目次

介護士で年収1000万は可能?

そもそも介護士とは、介護の仕事に従事している人全体を指す、いわば総称のようなものです。

ただ、一般的には現場で身体介助や生活援助を行う職員を指す場合が多いようです。

年収の話をお伝えするにあたって、誤解を招かないためにも、この記事では現場に出る介護スタッフを介護士と呼びます。

介護士では難しい

介護士として現場で業務をしている以上、年収1000万円は厳しいというのが現状です。

介護士の平均年収は約380万円と、一般的な会社員の平均年収よりもやや少なくなっています。

また、介護士の給料は、各事業所で大きな差が出にくい特徴もあるため、年収1000万を超える介護士は限りなく少ないでしょう。

介護士の年収については以下の記事で詳細に解説しています。

あわせて読みたい
介護士の平均年収を年齢・施設別に紹介!給料を上げる5つの方法も解説 介護士としての今後のキャリアアップとともに、年収はアップしていくのか、という点が気になる方は少なくないでしょう。 介護士としての年収アップについて知るには、ま...

上記の平均年収はあくまで介護士全体の平均です。

介護士にはキャリアアップ制度があるため、資格を取得することで年収アップは狙えます。

しかし、上位資格の介護福祉士を取得している介護士でも平均年収は約395万円と、やはり1000万円は少し厳しいのが現状です。

介護福祉士の給料については以下の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
介護福祉士になると給料は上がる?平均給与と年収をアップさせる4つの方法 介護士として働く方の中には、給料が上がると聞いて、介護福祉士の取得を検討している方もいるでしょう。 介護業界は資格の有無で給料が変わるため、資格を取得する方は...

介護士の待遇は見直されてきており、年収は今後も上がることが予想されていますが、それでも1000万円には届かないでしょう。

介護士の今後の給料の動向はこちらで詳しく解説しています。

あわせて読みたい
介護福祉士の今後の給料は上がる?最新予想といままでの推移を解説 介護士として長い間働いてきた方の中には、給料アップのために介護福祉士を目指すか、ほかの職種に転職するか悩んでいる方もいるでしょう。 介護福祉士を取得した場合、...

このように、介護の仕事では簡単には年収1000万円には届きません。

しかし、介護士としても月30万円以上や、年収500万円などを稼いでステップアップしていくことは可能です。

そういったキャリアアップを望む場合は、介護福祉士を取得後、役職を目指すことがおすすめです。

介護職での年収1000万は目指せる

介護士に限らず、介護職で年収1000万というのは、かなり厳しい目標と言えます。

しかし、「不可能」とは表現していないように、実際には年収1000万円の求人を見つけることも可能です。

ただし、その内容は「管理職」や「スーパーバイザー(SV)」といったものがほとんどです。

年収1000万を目指せる介護職

介護に関わる仕事のなかには、以下のように年収1000万円を目指せる働き方がいくつかあります。

  • 介護施設や事業所の施設長や経営者
  • 介護施設や事業所のコンサルティング業
  • 資格を取得して転職

これらの働き方についてそれぞれ解説します。

介護施設や事業所の施設長や経営者

介護施設や事業所の管理職の求人には、年収1000万円以上のものがあります。

介護保険や施設運営の知識や、経営者としてのスキルが必要ですが、長く介護士としてキャリアを積んだ方におすすめです。

また、自身で介護施設を開業、経営する手段もあります。

開業してすぐには難しいですが、経営が軌道に乗れば、経営者が年間で1000万円以上の報酬を受け取ることは珍しくありません。

介護施設や事業所のコンサルティング業

介護施設に対するコンサルティング業の求人のなかには、年収1000万円以上のものもあります。

コンサルタントは、介護施設や事業所の経営問題を解決するための手助けを外部から行うことです。

介護施設の管理職と同等、もしくはそれ以上の知識や実績、介護関連の幅広いスキルが必要とされる職業です。

必ずしも介護経験が必要な職業ではありませんが、実際の現場を知っている介護経験者は、転職の際に有利になることもあります。

資格を取得して転職する方法もあり

上位資格を取得することで、いきなり年収1000万は難しいとしても、キャリアアップして目標に近づくことができます。

上位資格を取得することは、職場で給料面の待遇がよくなるだけでなく、任される業務の幅も広がります。

幅広い経験を蓄積して、将来的な開業や、管理職への転職につなげることも可能です。

欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

約15万件から希望条件に合った介護の求人をご紹介します。

転職サポートを受ける

介護職で年収1000万を達成するためにするべきこと

介護職で年収1000万を達成するためにするべきこと

いくつかの方法や職業はあるものの、介護職でいきなり年収1000万を狙うのは非常に困難です。

日々の業務やキャリアアップを通して、着実にスキルや経験を身につけることが重要です。

ここでは、その具体的な方法として、「上位資格の取得」と「医療知識の習得」について解説します。

上位資格の取得

介護施設の開業やコンサルティング業は、年収1000万を狙える働き方ですが、これらには介護の知識や経験が必須です。

しかし、知識や経験は1人で蓄積するだけでは意味がありません。

それらを証明して、周りに信頼してもらう必要があります。

介護業界の上位資格を取得することは、知識やスキルの客観的証拠となり、結果として年収アップにつながるでしょう。

また、資格がないと任せられない業務もあるため、上位資格を持つことは、経験の蓄積にもつながります。

医療知識の習得

介護の知識だけでなく、医療的な知見や医療保険の知識をつけることも、年収1000万を達成するために有効です。

介護施設において、医療知識を持っている人は重宝されます。

実際に求人を見ても、看護師やその他医療従事者の年収が高い傾向にあります。

また、介護士のなかで医療知識を持った人は多くないため、差別化を図るという意味でも、医療知識を持つことはおすすめです。

年収を上げるためにおすすめの介護関連の資格

年収1000万を目指せる職業には、上位資格が必要になることもあります。

知識や経験を高めることにもつながる、以下の5つの資格をご紹介します。

  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー
  • 社会福祉士
  • 作業療法士
  • 理学療法士

それぞれの資格で目指せる、年収1000万への道筋について解説します。

介護福祉士

介護福祉士は、介護職において唯一の国家資格です。

施設長やコンサルティング業をしていくうえでも、持っておくことが推奨されています。

また、ケアマネの受験要件の1つでもあるので、着実な年収アップにつながる資格と言えます。

介護福祉士については以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
介護福祉士になるには?未経験でも最短で資格を取得する方法【状況別に解説】 少子高齢化が進むなか、介護職の需要は年々高まっています。 介護に関する資格はさまざまありますが、唯一の国家資格が「介護福祉士」です。 未経験で介護職にチャレン...

ケアマネージャー

ケアマネージャーを取得することで、施設長を目指す際に有利になります。

ケアマネージャーの実務では、利用者の包括的な支援といった経験を積むこともできるので、各事業所で重宝されるでしょう。

さらに、ケアマネージャーのまとめ役とも言える主任ケアマネを取得することで、開業することも可能になります。

社会福祉士

社会福祉士は、社会福祉業務における国家資格です。

取得することで、介護施設の施設長や管理職を目指すことができます。

また、社会福祉士が活躍する現場は幅広く、医療機関や学校など、年収が高い職場での勤務も可能になります。

作業療法士

作業療法士は、医療関係の国家資格で、リハビリのプロです。

資格取得には専門学校や大学を経て、国家試験に合格する必要があります。

資格取得のハードルは少々高いですが、経験を積んだうえで起業したり執行役員についたりすることで、年収1000万を目指すことができます。

理学療法士

理学療法士は、作業療法士と同様にリハビリのプロとして働くことのできる国家資格です。

現状作業療法士よりも求人が多い傾向にあり、経験を積むことで教育やスポーツ分野など、条件のよい職場で働くこともできます。

医療や介護現場においても役職につくことで年収1000万を達成している方も少なくありません。

介護職として年収1000万を目指そう!

一般的に給料が安いとされる介護職ですが、スキルや経験を活かしたキャリアアップができれば、年収1000万以上も可能です。

介護業界で高収入を得ている人はたくさんいますし、条件さえ満たせば年収1000万といった高待遇の求人もあります。

とはいえ、いきなり年収1000万を目指すのは難しいため、まずは条件面のよい職場へ転職し、キャリアアップしていくのがよいでしょう。

介護職の求人検索なら、カイゴLINKがおすすめです。

求人検索から応募まで、何度でも無料で利用可能です。ぜひ試しに使ってみてください。

欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

約15万件から希望条件に合った介護の求人をご紹介します。

転職サポートを受ける

SNSシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

監修者

【保有資格】
・社会福祉士

【経歴】
・医療ソーシャルワーカー約5年
・介護専門のキャリアアドバイザー約4年
・株式会社SOYOKAZE(旧 株式会社ユニマットリタイアメントコミュニティ)経営企画室約4年
・株式会社SOYOKAZE Staff Company(旧 株式会社ユニマットスタッフカンパニー)取締役社長約3年

医療ソーシャルワーカー時代に都内有数の急性期病院で約5年、約1,000名の介護相談支援を行い高齢者福祉業務に従事。その後、介護専門のキャリアアドバイザーとして4年間で累計約1,000名の介護職希望者のキャリア面談を行う。
介護業界有数の施設を持つ 株式会社SOYOKAZE にて経営企画に従事したのち、株式会社SOYOKAZE Staff Company の社長に就任。

目次