介護福祉士で年収500万は可能?月収40万を目指す方法を解説
0回の更新

介護福祉士で年収500万は可能?月収40万を目指す方法を解説

令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果によると、介護福祉士の平均年収は約400万円ほどとなっています。

しかし、特に家庭を持っていると、安心して暮らしていくためにも、平均年収よりも高い年収500万円を目標にしている方もいるのではないでしょうか。

結論から伝えると、介護福祉士でも年収500万円は可能です。

年収500万円あれば、将来の子供の養育費を貯めながら、今より自分や家族のためにお金を使うことも可能になるでしょう。

この記事では、介護福祉士でも年収500万円以上を目指すための方法について解説します。

家族や自分のためにも収入アップを目指しましょう。

この記事でわかること

  • 介護福祉士として年収500万は可能なのか
  • 年収500万を目指すための方法

    こんな人におすすめの記事です

    • 介護福祉士として、年収500万は可能か知りたい方
    • 年収500万にする具体的な方法を知りたい方
      目次

      介護福祉士で年収500万は可能?

      介護福祉士として、年収500万円は達成可能です。

      求人サイトを見ると年収500万円以上の求人の多くは、管理職の求人です。

      しかし、現場の仕事をしながらでも年収500万円を目指すことも可能です。

      より安定的に、確実に年収500万円以上を目指すのであれば、施設の事務長や施設長へキャリアアップすることがおすすめです。

      現場で年収500万円以上を目指す場合、時間外勤務や夜勤を多く行い、手当をもらう方法になります。

      この方法だと勤務状況によっては、夜勤にあまり入れなかったり、時間外勤務がなかったりすると収入が減ってしまいます。

      より安定的に収入を増やすためには、施設長や事務長等の管理職への転職を目指しましょう。

      年収500万円以上になると、生活や将来にかかるお金の不安も軽減され、今より生活が豊かになるでしょう。

      介護福祉士の地域別平均年収と今後の動向

      介護福祉士の年収は地域によっても異なります。

      地域による年収の違いを比較したうえで、今後の動向について解説します。

      地域別の平均年収

      介護福祉士の都道府県別の平均年収は以下の通りです。

      参考にしているソースが違うため、介護従事者処遇状況等調査結果とは数値が異なりますが、地域差の部分に注目して見ていただけると傾向がつかめるかと思います。

      都道府県別 平均年収 平均月収
      北海道 276万円 23.0万円
      東京都 356万円 29.6万円
      愛知県 322万円 26.8万円
      大阪府 322万円 26.8万円
      福岡県 283万円 23.5万円
      合計 311万円 25.9万円

      参考:求人ボックス

      東京が356万円で一番年収が高く、地方になるにつれて低くなる傾向があります。

      この理由は、物価や人口数が影響していることが考えられます。

      地方より都心部の方が賃金が高いため、年収500万円を目指すには、都内の方が有利と言えるでしょう。

      ただし、都心部は平均年収が高い分、家賃も高いです。

      地方は給料が安くても、固定費を考えると自由に使えるお金は多くなる場合もあるため、収入と支出のバランスを考えて勤務地を検討すると良いでしょう。

      介護福祉士の今後の年収

      介護福祉士の賃金は、年々増加傾向にあります。

      平成30年度 令和3年度
      介護福祉士
      平均給与
      313,920円 328,720円

      引用:令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果

      介護福祉士の平均給与は、4年間で14,800円も増額しています。

      厚生労働省によると職員の給与等を引き上げを考えている施設・事業所は、 全体の53.5%を占めています。

      国も平成21年以降、介護職員の処遇改善に向けて介護報酬の改定や処遇改善加算・特定処遇改善加算の創設などさまざまな取り組みがなされ、岸田総理も、令和4年10月の本会議で介護職の賃上げについて明言しています。

      国の方針としては、経験・技能のある福祉・介護職員については他産業と遜色ない賃金水準(年収440万円)を目指しているということです。

      これらのことから、今後も介護福祉士の給料は上がる見込みがあるでしょう。

      欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

      全国4万件以上の介護・医療の求人から家チカ案件を探してみませんか?

      介護福祉士の求人を探す

      介護福祉士として年収500万円を目指すために必要なこと

      介護福祉士として年収500万円を目指すために必要なことをお伝えします。

      月収を4万円アップさせる必要がある

      年収500万円を目指すためには、月収約4万円のアップを目指す必要があります。

      介護福祉士の平均年収が3,944,640円(月収328,720円×12ヶ月)です。

      さらに介護福祉士の平均賞与は、594,571円です。

      平均年収:3,944,640円+平均賞与:594,571円=4,539,211円。

      目標金額:5,000,000円-4,539,211円=差額:460,789円。

      差額:460,789円÷12ヶ月=38,399円。

      毎月約4万円の収入アップができれば、年収500万円を達成することができます。

      参考:令和3年度介護労働実態調査
      令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果

      月収を4万円アップさせる方法

      月収4万円をアップさせる方法は、手当をもらい収入を増やす方法になります。

      手当には以下のようなものがあります。

      • 職務手当
      • 夜勤手当
      • 時間外手当

      職務手当は、介護主任やリーダー等の役職に就くことで支給される手当です。

      相場は、施設によっても違いますが月に数千円から1〜2万円支給されます。

      夜勤手当は、夜勤勤務をすることで支給される手当です。

      相場は、5千円から1万円支給されます。

      時間外手当は、所定の勤務時間外に仕事をした場合に支給されます。

      相場は、時給×25%以上で計算していきます。

      まずは介護主任やリーダーを目指し、夜勤や時間外勤務を多くすることで月4万円の目標は達成できるでしょう。

      しかし、手当を増やし、年収500万円以上を継続するためには、夜勤や時間外勤務を続けなければいけません。

      何年も継続することを考えると月4万円を上げるためには、かなりの労力が必要です。

      介護福祉士としてさらに給料を上げる方法

      介護福祉士としてさらに給料を上げる方法

      介護福祉士としてさらに給料を上げる方法についてご紹介します。

      キャリアアップをする

      年収500万円以上を安定的に稼ぐためには、施設長や事務長などの管理職のポジションに就くことが必要です。

      管理職の求人は、年収500万円以上も多く存在します。

      施設長や事務長などの管理職に就くためには、まず業務改善やケアの質の向上、稼働率向上等の実績を作ることが大切です。

      日頃から自己研鑽し、知識や技術の習得に励みましょう。

      管理職は、職場のリーダーの役割を担うため、介護福祉士の資格は評価されます。

      より高い評価を得るためにも認定介護福祉士や介護支援専門員等の上級資格の資格を目指しても良いでしょう。

      日々の努力や実績を上司に積極的にアピールすることで、評価してもらいキャリアアップにつなげることができます。

      高待遇な職場に転職する

      より高待遇な職場に転職することも1つの手段です。

      いくら今の職場でスキルアップして実績を積んでも、「適切に評価してもらえない」「管理職のポジションが空かない」という場合はキャリアアップできません。

      そのため、転職して管理職に就く人も少なくありません。

      年収500万円以上を目指し、自分をより評価してくれる職場を見つけましょう。

      転職の注意点は、転職活動は、今の仕事を続けながら行うようにしましょう。

      家庭を持っている場合、収入が途絶えると経済的な不安が強くなります。

      仕事を続けながら転職活動をすることで、経済的な不安も解消され、転職希望先にも現状を把握できていて計画的な人という印象を持ってもらえることでしょう。

      また、年収だけを求めるのではなく、大切な家族と過ごしたり、プライベートを充実させるためにワークライフバランスにも配慮して新しい職場を探しましょう。

      介護福祉士として年収600万は可能?

      介護福祉士として年収600万円以上は、可能ではあります。

      現場の仕事で年収600万円以上の求人はありませんが、待遇の良い大手企業等の管理職の求人なら介護福祉士の資格を活かし、年収600万以上も見込めるでしょう。

      介護福祉士として年収600万円以上を目指す方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

      あわせて読みたい
      介護福祉士は年収600万円を超えられる?年収を上げるための転職のポイント 一家の大黒柱として、介護福祉士として日々頑張っている方の中には、将来のために年収アップを狙いたい方もいるのではないでしょうか。 ひとつの指標として年収600万円...

      介護福祉士でも年収500万円は目指せる

      介護福祉士でも年収500万円を目指すことはできます。

      介護福祉士の立場で、年収500万円を目指すためには、毎月4万円の収入アップを目指す必要があります。

      毎月4万円の収入アップを狙う場合、職務手当、時間外手当等各種手当をもらう方法があります。

      しかし、この方法では長期的に考えた時に、安定して稼ぐことができません。

      介護福祉士として、より安定的に、収入を増やす方法は2つです。

      • キャリアアップをする
      • 高待遇な職場に転職する

      高待遇で自分に合った職場を探すなら、カイゴLINKがおすすめです。

      経験豊富なコンサルタントによる転職サポートが受けられ、15万件以上の求人の中からぴったりな求人を紹介してくれます。

      ぜひ、自分に合った求人を見つけてください。

      欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

      全国4万件以上の介護・医療の求人から家チカ案件を探してみませんか?

      介護福祉士の求人を探す

      SNSシェア
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!

      監修者

      【保有資格】
      ・社会福祉士

      【経歴】
      ・医療ソーシャルワーカー約5年
      ・介護専門のキャリアアドバイザー約4年
      ・株式会社SOYOKAZE(旧 株式会社ユニマットリタイアメントコミュニティ)経営企画室約4年
      ・株式会社SOYOKAZE Staff Company(旧 株式会社ユニマットスタッフカンパニー)取締役社長約3年

      医療ソーシャルワーカー時代に都内有数の急性期病院で約5年、約1,000名の介護相談支援を行い高齢者福祉業務に従事。その後、介護専門のキャリアアドバイザーとして4年間で累計約1,000名の介護職希望者のキャリア面談を行う。
      介護業界有数の施設を持つ 株式会社SOYOKAZE にて経営企画に従事したのち、株式会社SOYOKAZE Staff Company の社長に就任。

      目次