デイサービスの給料はいくら?正社員・パート・他の介護職の平均と比較
0回の更新

デイサービスの給料はいくら?正社員・パート・他の介護職の平均と比較

デイサービスは日勤がメインのため、主婦の方でもパートとして働きやすい職場です。しかし、基本的には夜勤がないため、給料がどの程度なのか気にしている方もいるでしょう。

そこで本記事では、デイサービスの平均給料や給料を上げる方法について解説しています。

他の介護職と比較して給料が高いのか安いのかについても触れていますので、就職先を選ぶ際の参考にしてください。

この記事でわかること

  • デイサービスの平均給料
  • デイサービスの給料を上げる方法

こんな人におすすめの記事です

  • デイサービスで働くことを検討している方
  • デイサービスでの給料を上げたい方
目次

デイサービスの平均給料

令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(P182)」によると、デイサービスで働く方の雇用形態別の平均給料は以下の通りです。

  • 正社員の平均給料……月額27万8,180円
  • パート・アルバイトの平均給料……月額11万7,920円

正社員の給料

デイサービスで正社員として働いている方の手当を含めた平均給与は月額278,180円です。

また、保有資格による平均給与は以下の通りです。

介護福祉士 28万9,000円
実務者研修修了 26万6,790円
初任者研修修了 26万1,900円

基本的には資格を保有しているほうが給与が高くなりますが、平均と比べて大きく給与をアップさせようと思うと「介護福祉士」の取得が必要となりそうです。

パート・アルバイトの給料

パートやアルバイトなど、時給・非常勤の方の平均給与は月額117,920円です。

保有資格による平均給与は以下の通りです。

介護福祉士 12万7,670円
実務者研修修了 11万8,110円
初任者研修修了 11万9,000円

パート・アルバイトの場合も正社員と同じく、資格を保有しているほうが給与が高くなりますが、介護福祉士を取得しないと大きく変わることはなさそうです。

デイサービスの給料は他の介護職と比べて高い?安い?

デイサービスの給与は他の介護施設と比べると安いといえます。

大きな理由の1つに、日勤帯のみの仕事で夜勤手当がもらえないことがあげられます。

特別養護老人ホームや老人保健施設、グループホームなどの入所施設であれば夜勤があり、回数に応じて夜勤手当がもらえます。

しかし、デイサービスの場合は夜勤はないので、その分給与も安くなります。

介護施設ごとの平均給与は以下をご覧ください。

介護施設 常勤の平均月収 非常勤の平均月収
特別養護老人ホーム 34万5,590円 13万5,590円
介護老人保健施設 33万8,390円 14万1,700円
訪問介護事業所 31万4,590円 9万3,960円
有料老人ホーム 31万9,760円 13万6,370円
グループホーム 29万1,460円 13万9,030円
デイサービス 27万8,180円   11万7,920円

参考:令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(P147

表のように、他の介護施設と比較すると月収が安いデイサービスですが、「日勤だけの仕事がしたい」「子どもがいるため日曜日は休みたい」という方にとっては働きやすい環境といえます。

欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

約15万件から希望条件に合った介護の求人をご紹介します。

転職サポートを受ける

デイサービスで給料を上げる5つの方法

デイサービスの介護職として給料を上げる方法を5つ紹介します。

  • 正社員になる
  • 資格を取得する
  • 勤続年数を重ねる
  • 役職につく
  • 転職する

1つずつ解説します。

正社員になる

デイサービスで給料を上げる方法の1つは正社員になることです。

勤務時間や業務内容が変わるため、給料が高くなります。

賞与のことを考えると差はさらに大きくなるでしょう。

家事や子育てなど、ライフスタイルによっては非常勤でなければ難しい方もいるかもしれません。

ですが、現在非常勤で働いていて、正職員になっても無理なく働けるようであれば、正職員になることを検討した方が良いでしょう。

資格を取得する

資格を取得することも給料を上げるには効果的です。

デイサービスは無資格でも働ける仕事ですが、資格を取得することで資格手当がもらえるからです。

介護の仕事には、初任者研修や実務者研修、介護福祉士など、資格を取得することでステップアップできる仕組みができています。

さらに経験を積むことでケアマネージャーの受験資格も得られます。

デイサービスの仕事は日勤のみで資格取得のための勉強時間を確保しやすい環境です。

給料を上げるためにも、取れる資格を取得していきましょう。

勤続年数を重ねる

勤続年数を重ねることで給料を上げられる場合もあります。

勤続年数が増えるほど基本給が上がる施設が多いからです。

厚生労働省の調査でも、勤続年数を重ねるごとに給料が上がっていくことがわかります。

勤続年数 平均基本給
1年(勤続1年〜1年11か月) 182,860円
5年(勤続5年〜5年11か月) 173,400円
10年(勤続10年〜10年11か月) 191,350円
15年(勤続15年〜15年11か月) 193,810円
20年以上 217,840円

参考:令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(P206)

勤続1年の方の平均基本給は18万2,860円ですが、10年、20年と経験を積むことで基本給は上がっていきます。

時間はかかるかもしれませんが、着実に給料アップできる方法です。

役職につく

デイサービスで経験を積み、管理者や主任、生活相談員などの役職につくと、役職に応じた役職手当が支給されるため、給料がアップします。

役職につくには充分な経験やスキルが求められ、施設からの信頼を得る必要がありますが、経験を積んでいくことで徐々に身につくでしょう。

生活相談員については社会福祉士や介護福祉士、ケアマネジャーなどの資格が必要な場合もあります。

ある程度経験を積み、施設からの打診があれば積極的に挑戦してみると良いでしょう。

転職する

デイサービスで働きながら給料を上げるには、転職することも1つの方法です。

給料の内訳や手当は施設によって異なりますし、昇給や手当の額が低い施設は長く働いても給料が上がらない可能性があります。

たとえば、今働いているA施設では基本給が1年に1,000円上がるとします。

近隣にあるB施設の場合は1年に3,000円基本給が上がる施設だった場合、5年後の収入の差は基本給だけで1万円です。

A施設……1,000円 × 5年 = 5,000円

B施設……3,000円 × 5年 = 15,000円

そのため、条件の良い職場へ転職するのも、給料を上げる1つの方法です。

デイサービスで働くメリット

デイサービスで働くメリット

デイサービスは、他の介護事業種に比べて給料が安いといわれていますが、デイサービスならではのメリットもあります。

夜勤がない

一部の事業所では泊まりのサービスを提供していることもありますが、基本的にデイサービスは日帰りのサービスなので夜勤はありません。

夜勤が体に与える影響は本人が思っている以上に大きく、介護職から相談員やケアマネジャーに異動したときに「1回の休日を長く感じられるようになった」「体が軽くなった」という声も聞きます。

プライベートと両立しやすい

日曜日が休みになるため、プライベートと両立しやすくなる点です。

日曜日に仕事があると、子どもの行事や友人との食事に行けなくなってしまう場合もあるでしょう。

デイサービスは暦通りの営業のことが多いので、子育てをしている方や主婦の方にもおすすめです。

生活リズムが整う

介護の仕事は夜勤が多いのが特徴ですが、デイサービスは基本的には日勤の仕事になります。そのため、毎日同じ時間に出勤し、同じ時間に退勤することで一定の生活リズムになります。

生活リズムが整うと自分の好きなことに時間を使えるようになり、資格取得のための勉強時間の確保にもつながるでしょう。

デイサービスに関するよくある質問

デイサービスで働くことを考えている方がよく抱く質問についてお答えします。

デイサービスの仕事はきつい?

デイサービスの仕事がきついかどうかはその方によります。

デイサービスは日帰りのため、限られた時間で利用者に満足してもらわなければなりません。

施設によってはレクリエーションの準備や研修のために残業しなければならないこともあります。

人手不足のためにスタッフ1人あたりの負担が増えることも考えられます。

こうしたことにデメリットを感じる方は、デイサービスの仕事はきついと感じるかもしれません。

一方、人と話したり、大勢の前でレクリエーションをしたりするのが好きな方や、平日の日勤帯に働きたい方、介護経験の浅い方には他の介護施設での仕事よりもデイサービスに向いているといえます。

そのため、経験やその方のライフスタイルによってデイサービスの仕事がきついかどうかは変わってきます。

あわせて読みたい
デイサービスの仕事がきついといわれる理由は?向いている人の性格も解説 デイサービスは、身体介護が少なく、介護職未経験・無資格の方に働きやすい施設ですが、中には「デイサービスはきつい」と聞き、不安に思う方もいるでしょう。 この記事...

デイサービスの給料は今後上がる?

デイサービスに限らず介護職の給料は今後も上がっていくと考えられます。

理由は多くの施設が抱えている人員不足に対して、政府が介護職の待遇を見直しているからです。

岸田総理も2022年の臨時国会で「看護、介護、保育をはじめ、現場で働く方々の処遇改善や業務の効率化、負担軽減を進める」と述べ、介護職の賃上げについて明言しました。

実際政府は、これまであった介護職員処遇改善加算や介護職員等特定処遇改善加算の他に、2022年2月から「介護職員処遇改善支援補助金」を給付しています。

これは介護職員1人あたり、収入の3%相当に当たる月額9,000円を引き上げる制度です。

この補助金は2月から9月までの8か月限定の制度でしたが、10月に臨時の介護報酬改定があり「介護職員等ベースアップ等支援加算」として現在でも継続されています。

このように、介護職全体の待遇が見直されているので、それに合わせてデイサービスで働く介護職の給料も今後上がっていくと考えられます。

デイサービスの給料とメリットを理解して就職を検討しよう!

デイサービスで働く介護職の平均給料は278,180円で、その他の施設で働く介護職に比べると安いといえます。

ですが「正社員になる」「資格を取得する」「勤続年数を重ねる」「役職につく」「転職する」などの方法で給料アップを目指せます。

人によってはきついと感じることもありますが、夜勤がなく平日勤務が多いデイサービスの仕事が向いている方もいるでしょう。

自身の考え方やライフスタイルに合わせて働きやすい施設を探してください。

いろいろな介護施設を比較しながら就職先を探したい方にはカイゴLINKがおすすめです。

3万件以上の求人があり、大手他社にはないものも多くあります。

MAPから求人を探せる機能が充実していますので、あなたに合う施設が見つかるでしょう。

欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

約15万件から希望条件に合った介護の求人をご紹介します。

転職サポートを受ける

SNSシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

監修者

【保有資格】
・社会福祉士

【経歴】
・医療ソーシャルワーカー約5年
・介護専門のキャリアアドバイザー約4年
・株式会社SOYOKAZE(旧 株式会社ユニマットリタイアメントコミュニティ)経営企画室約4年
・株式会社SOYOKAZE Staff Company(旧 株式会社ユニマットスタッフカンパニー)取締役社長約3年

医療ソーシャルワーカー時代に都内有数の急性期病院で約5年、約1,000名の介護相談支援を行い高齢者福祉業務に従事。その後、介護専門のキャリアアドバイザーとして4年間で累計約1,000名の介護職希望者のキャリア面談を行う。
介護業界有数の施設を持つ 株式会社SOYOKAZE にて経営企画に従事したのち、株式会社SOYOKAZE Staff Company の社長に就任。

目次