介護業界のホワイト企業の特徴と見分け方7選!転職時のポイントを解説

介護業界のホワイト企業の特徴と見分け方7選!転職時のポイントを解説

介護業界への転職を考えたときに、介護業界のブラックな噂を聞いて不安を感じる方もいるでしょう。

実際にネットで検索すると「ブラックランキング」「ブラックリスト」のようなネガティブな記事も目立ちます。

ですが、介護業界にもホワイトな企業は多くあります。

本記事では、介護業界のホワイト企業の特徴と見分け方、ホワイト企業に転職する際のポイントについて解説しています。

この記事の内容を参考にしていただき、ホワイトな介護施設で働きましょう。

この記事でわかること

  • 介護業界のホワイト企業の特徴と見分け方
  • 介護業界においてホワイト企業に転職するためのポイント

こんな人におすすめの記事です

  • 介護業界はブラックな企業が多いと不安に思っている方
  • ホワイトな介護施設で働きたい方
目次

介護業界がブラックといわれる理由

介護業界には、ブラックな施設が多いといわれています。

実際に、慢性的な人手不足が原因で残業や希望休がとりにくい施設もあります。

また、低賃金や社会的評価、ネガティブなイメージの先行などの理由でブラックと思われている面もあるでしょう。

ブラックな施設には、労働環境や人間関係、その他の労働条件などに特徴があり、見分け方のポイントもあります。

介護業界のホワイト企業とは?

明確な定義はありませんが、ブラック企業の反対がホワイト企業といえます。

一般的に働くスタッフにとって働きやすい企業を指しますが、働きやすさはその人の考え方やライフスタイルによって異なります。

「給料」を第一に考える方もいれば、「子どもの体調不良による有給休暇のとりやすさ」を大切にしている方もいます。

そのため「自分にとって譲れない条件を満たしているか」ということを基準にホワイト企業かどうか考えるとよいでしょう。

欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

約15万件から希望条件に合った介護の求人をご紹介します。

転職サポートを受ける

ホワイト企業の特徴と見分け方7選

ホワイト企業の特徴と見分け方7選

ここでは、ホワイト企業の特徴と見分け方について解説します。

求人票だけではわからないものもあるので、自分が働こうとしている施設がホワイトかどうか見極める際には以下を確認してください。

残業が少ない

ホワイト企業の特徴の1つ目は、残業が少ないことです。

残業が多い施設は、人員が足りておらず、少数のスタッフに負担が偏っている可能性があります。

介護労働安定センターが実施した「令和4年度介護労働実態調査(P24)」では、介護職の1週間の平均残業時間は1.7時間なので、一見すると残業が少なく感じるかもしれません。

しかし、介護業界ではサービス残業が常態化している施設もあるのが現実です。

求人に書かれている残業時間だけを鵜呑みにするのではなく、勤務時間を記録する方法や、勤務時間内で業務が終わっているのかを確認し、勤務体制を把握しましょう。

有給休暇の希望が通りやすい

有給休暇の希望が通りやすいかどうかも、ホワイト企業かどうかの見極めるポイントの1つです。

有給休暇は、2019年から実施されている「働き方改革」で年間5日以上の取得が義務付けられています。

令和4年度介護労働実態調査(P26)」では、有給休暇の取得日数の平均は、年間7. 8日でした。

子どもの体調不良やその他の理由で突発的に有給休暇を取得することもあるでしょう。

そのため、有給休暇の希望が通りやすいかどうかも、ホワイト企業の特徴の1つといえます。

有給休暇以外にも、夏休みや冬休み、開設記念日を設定している施設もあるので、年間の休日についても事前に確認しましょう。

離職率が低い

ホワイト企業の特徴の3つ目は、離職率が低いことです。

離職率が高い施設は、スタッフが定着しないため、提供するケアが不安定になりがちです。

残業が増えたり、休みが充分にとれなかったりすることもあるでしょう。

労働環境の悪化が離職の原因の1つとなっていることも考えられます。

離職率が低いかどうかを見極めるポイントは、求人の出る頻度や募集人数です。

常に求人が出ていたり、募集人数が多かったりする事業所は、離職率が高い可能性があるため注意しましょう。

キャリアアップが目指せる

キャリアアップを目指せる環境が整っていることも、ホワイト企業の特徴と言えます。

スタッフが学ぶことを施設がサポートし、実際にキャリアアップできると、スタッフのモチベーションが上がります。

例えば、介護福祉士や実務者研修などの資格取得支援を行っていたり、研修制度が充実していたりする施設であれば、スキルアップやキャリアアップが目指しやすいでしょう。

スタッフの学ぶ環境を整えるのは、人員が足りているからこそできることでもあるので、ホワイト企業である可能性が高いです。

介護職員処遇改善加算を取得している

ホワイト企業の特徴の5つ目は、介護職員処遇改善加算を取得していることです。

この加算は、職場の労働環境やキャリアアップの仕組みを整えた施設に対して、国から賃金が支給される制度です。

施設側から申請する必要があり、取得している施設の求人には「処遇改善手当あり」と記載されている場合が多いでしょう。

介護職員処遇改善加算を取得しているかどうかで、介護職の年収は10万円以上の差がつくこともあります。

介護職の働きやすさを真剣に考えている施設なら、必ず取得している加算なので、求人を見る際にチェックしてください。

福利厚生が充実している

ホワイト企業の特徴の6つ目は、福利厚生が充実しているかどうかです。

福利厚生には、社会保険料の負担のように法律で定められている「法定福利厚生」と、住宅手当や通勤手当、健康診断といった、施設独自で定める「法定外福利厚生」があります。

ホワイト企業かどうか見極める際は「法定外福利厚生」が充実しているかを確認します。

給料で差をつけにくい介護業界で、職員を大切にし、働きやすい環境を整える努力をしている施設はホワイト企業といえるでしょう。

厚生労働省の認定マークを取得している

厚生労働省の認定している「ユースエール」や「くるみんのマーク」を取得している施設はホワイト企業といえます。

ユースエールは、若者の採用・育成に積極的で、若者に働きやすい環境を作っている中小企業が認定されます。

認定されると「ハローワークなどで企業を重点的にPRできる」「ユースエール認定企業限定の就職面接会に参加できる」といったメリットがあります。

くるみんのマークは、労働者の仕事と子育ての両立をサポートする企業を「子育てサポート企業」として認定する制度です。

正規職員で働いていても、産休・育休を経て非常勤職員にならざるを得ない職員もいるので、育児と仕事の両立のしやすさはホワイト企業かどうか見極める際のポイントになります。

このように厚生労働省の認定マークを取得している施設は、一定の基準を満たしているので、ホワイト企業といえます。

介護業界のホワイト企業に転職するためのポイント4つ

介護業界のホワイト企業に転職するためのポイントを4つにまとめていますので、1つずつ解説します。

希望条件に優先順位をつける

介護業界のホワイト企業に転職するためのポイントの1つめは、いくつかある希望条件に優先順位をつけることです。

ホワイト企業の特徴に注目しながら、譲れない希望条件を3〜5つ絞り出し、優先順位をつけましょう。

「職場が近い」「加算の取得状況」「有給休暇の取得状況」など、あなたが大切にしている条件をクリアできるようになります。

転職希望先の施設見学をする

ポイントの2つ目は、転職希望先の施設を見学をすることです。

目的は、実際に自分の目で見ることで、施設の雰囲気やスタッフのふるまいを感じることです。

施設の担当者と直接話ができるので、求人票ではわからない部分を直接聞いて確認できます。

事前にホームページや口コミサイトを見て、質問内容を考えておくのもよいでしょう。

資格取得を目指す

介護関係の資格を取得することも、ホワイト企業に転職するポイントです。

資格を取得していると、介護に関する技術と知識を有していることの証明になり、転職の幅が広がるので、結果的にホワイト企業へ転職できる確率が高まります。

未経験の方の場合は、介護関係の資格の入門ともいえる「介護職員初任者研修」の取得を目指すのがおすすめです。

介護現場で役立つ資格についての詳しい説明は、以下の記事を参照ください。

あわせて読みたい
【介護現場で役立つ資格22種類】目的別におすすめ資格や取得方法についてご紹介 これから介護の仕事を考えている方としては、さまざまな資格がありどの資格を取れば良いか迷うことも多いでしょう。 介護職として働く場合、資格なしでも仕事ができます...

転職エージェントを利用する

自分に合った求人を探す自信がないという方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

介護職への転職には介護に特化したエージェントを利用するとよいでしょう。

プロの担当者がつき、求人の提案から履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、転職活動全般のサポートを受けられます。

残業時間や手当てのことなど、直接聞きにくいことも聞いてもらえるので、あなたの希望に沿った施設を見つけやすくなります。

ホワイト企業の特徴を理解して介護転職を成功させよう

介護業界はブラックだと言われることが多いですが、ホワイト企業も多く存在します。

自分にとっての譲れない条件を明確にして、ホワイト企業への転職を成功させましょう。

介護業界への転職ならカイゴLINKがおすすめです。

4万件以上の求人の中から、プロの担当者があなたに合った求人を提案してくれます。

これから起きるライフイベントに備えて、ワークライフバランスを重視した働き方ができるでしょう。

欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

約15万件から希望条件に合った介護の求人をご紹介します。

転職サポートを受ける

SNSシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

監修者

【保有資格】
・社会福祉士

【経歴】
・医療ソーシャルワーカー約5年
・介護専門のキャリアアドバイザー約4年
・株式会社SOYOKAZE(旧 株式会社ユニマットリタイアメントコミュニティ)経営企画室約4年
・株式会社SOYOKAZE Staff Company(旧 株式会社ユニマットスタッフカンパニー)取締役社長約3年

医療ソーシャルワーカー時代に都内有数の急性期病院で約5年、約1,000名の介護相談支援を行い高齢者福祉業務に従事。その後、介護専門のキャリアアドバイザーとして4年間で累計約1,000名の介護職希望者のキャリア面談を行う。
介護業界有数の施設を持つ 株式会社SOYOKAZE にて経営企画に従事したのち、株式会社SOYOKAZE Staff Company の社長に就任。

目次