【状況別】特養の志望動機の例文4選
0回の更新

認定介護福祉士の年収はいくら?資格取得のメリットも解説

介護福祉士として働く方の中には、さらなる給料アップを目指して「認定介護福祉士」の資格取得を検討している方もいるでしょう。

とはいえ、認定介護福祉士はまだあまり知られていない資格のため、実際の年収はどうなのか、ニーズはあるのかなど、知りたいことも多いはずです。

この記事では、認定介護福祉士の年収や今後の年収が上がっていくかどうかなどについて解説しています。

認定介護福祉士になる方法についても説明していますので、最後まで読んで給料アップにつなげてください。

この記事でわかること

  • 認定介護福祉士の年収
  • 認定介護福祉士の今後の給料の推移予想
  • 認定介護福祉士を取得するメリット
  • 認定介護福祉士として給料アップする方法

    こんな人におすすめの記事です

    • 認定介護福祉士の年収について知りたい方
    • 認定介護福祉士の今後の給料について知りたい方
    • 認定介護福祉士のニーズを知りたい方
    目次

    認定介護福祉士の年収はいくら?

    認定介護福祉士の給料に関する公的な情報は公表されていませんが、基本的には介護福祉士の給料とほぼ同じといわれています。

    認定介護福祉士の資格は国家資格ではなく、介護士向けに認定介護福祉士認証・認定機構が認定している民間資格です。

    一般的に、民間資格は公的な調査・研究の対象にはならないため、認定介護福祉士の公的な情報がないのが現状です。

    ただし、認定介護福祉士は介護福祉士の上位資格で、業務の幅も広がることから、施設によっては手当がつくこともあります。

    その場合には、介護福祉士よりも年収が高くなるでしょう。

    介護福祉士の年収は394万円

    では、そもそも介護福祉士の年収はどれくらいなのか、以下で詳しく解説します。

    厚生労働省による「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、介護福祉士の平均月収は、328,720円でした。

    したがって、月収×12か月で年収を算出すると、介護福祉士の年収は、394万4,640円です。

    認定介護福祉士は、介護福祉士よりも幅広い業務が行えることから、施設によっては手当がつくため、認定介護福祉士の年収は400万円以上になることが予想されます。

    また、介護福祉士は、地域や年齢・性別、施設形態によって給料に差があります。

    そのため、勤務先を決める際に、給料の高い施設形態や地域を選択することで、年収500万円も夢ではなくなるでしょう。

    介護福祉士の詳しい給料については、以下の記事で紹介しています。手取りについても解説していますので、参考にしてください。

    あわせて読みたい
    介護福祉士になると給料は上がる?平均給与と年収をアップさせる4つの方法 介護士として働く方の中には、給料が上がると聞いて、介護福祉士の取得を検討している方もいるでしょう。 介護業界は資格の有無で給料が変わるため、資格を取得する方は...

    認定介護福祉士の年収は今後上がる可能性がある

    近年、介護士の人材不足は深刻な問題となっています。

    そのため、人材不足の要因となっている給料の低さを解消するべく、以下の制度が導入されました。

    • 介護職員処遇改善加算
    • 介護職員等特定処遇改善加算

    介護職員処遇改善加算とは、介護職員が働きやすいように職場の環境を整えた施設に対して、国から報酬が出る制度です。

    2009年から開始され、介護職員の賃金と処遇の改善を目的としています。

    報酬は、国が定めた区分ごとに決められており、ひとりあたり月額12,000~37,000円となります。

    介護職員等特定処遇改善加算とは、勤続年数10年以上の介護福祉士に対して、月収80,000円以上の給料アップ、または、年収400万円以上が支払われる制度です。

    これにより、介護福祉士の給料は以前より上がっており、比例して年収も上がっています。

    そのため、介護福祉士の上位資格である認定介護福祉士の年収も、今後上がっていくことが予想されます。

    介護福祉士の今後の給料については、以下の記事で詳しく解説しています。

    あわせて読みたい
    介護福祉士の今後の給料は上がる?最新予想といままでの推移を解説 介護士として長い間働いてきた方の中には、給料アップのために介護福祉士を目指すか、ほかの職種に転職するか悩んでいる方もいるでしょう。 介護福祉士を取得した場合、...

    そもそも認定介護福祉士と介護福祉士・ケアマネの違いとは?

    給料アップのために資格取得を検討されている方へ向けて、認定介護福祉士と介護福祉士、ケアマネージャーの違いについて解説します。

    認定介護福祉士は、2015年に厚生労働省が介護福祉士の上位資格として公表した民間資格です。

    介護福祉士は国家資格のため、試験に合格する必要がありますが、民間資格である認定介護福祉士は、カリキュラムを受講・修了し申請することで資格が取得できます。

    ただし、認定介護福祉士は介護福祉士の上位資格であるため、介護福祉士としての実務経験が5年以上なければなりません。

    業務内容にも違いがあり、介護福祉士は現場での業務がメインになります。

    一方、認定介護福祉士は、介護の質を上げるために他職種と連携をとり、チームリーダーとして現場以外でも業務にあたることが特徴です。

    さらに、介護福祉士の上位資格として、認定介護福祉士と混同しやすい資格に、ケアマネージャーがあります。

    認定介護福祉士は、介護現場の質を上げるために、介護士のチームリーダーとして業務にあたります。

    一方、ケアマネージャーの主な仕事は、現場からは離れて、ケアプランの作成をすることです。要介護者やその家族からの相談に乗り、最適なサービスを受けられるよう調整します。

    認定介護福祉士の詳しい仕事内容については、以下の記事を参考にしてください。

    あわせて読みたい
    認定介護福祉士とはどんな資格?メリットや取得方法について徹底解説 介護福祉士の上位資格として、認定介護福祉士があります。 国家資格である、介護福祉士については知名度が高く、資格取得に向けて勉強をしている方も多いでしょう。 し...
    欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

    全国4万件以上の介護・医療の求人から家チカ案件を探してみませんか?

    介護福祉士の求人を探す

    認定介護福祉士を取得するメリット

    認定介護福祉士を取得するメリットには、主に以下の2つがあります。

    • 昇進や給料アップにつながる可能性がある
    • 転職で有利になる

    それぞれについて詳しくみていきましょう。

    昇進や給料アップにつながる可能性がある

    認定介護福祉士は、介護福祉士の上位資格のため、介護福祉士よりもさらに専門的な知識・技術を持っていることの証明となります。

    利用者やその家族に限らず、社会的な信用度が上がるため、昇進につながりやすいというメリットがあります。

    さらに、昇進し管理職に就ければ役職手当もつくため、給料がアップする可能性もあるでしょう。

    また、認定介護福祉士は、介護職員等特定処遇改善加算の配分を大きく割り当ててもらえる可能性もあります。

    介護職員等特定処遇改善加算は、リーダー級の介護職員に優先して配分される制度です。

    認定介護福祉士は、リーダー級の介護福祉士であることの証明となるため、施設によっては待遇が良くなる場合もあるでしょう。

    転職で有利になる

    多くの介護施設では、即戦力となる人材を求めています。

    そのため、専門的な知識やスキルを保持している認定介護福祉士は、転職の際に優遇されるでしょう。

    また、認定介護福祉士の登録人数は、2020年7月の時点で60人といわれているため、希少性が高く、転職の際には非常に有利になると考えられます。

    認定介護福祉士として年収を上げるには?

    認定介護福祉士として年収を上げるには?

    認定介護福祉士として年収を上げる方法は、基本的には介護福祉士の年収を上げる方法と変わりません。

    年収を上げる主な方法は、以下の4つになります。

    • 手当をもらう
    • 勤続年数を増やす
    • ケアマネージャーの資格を取得する
    • 転職する

    勤務する施設によって異なりますが、365日24時間介護サービスを提供している施設の場合には、「夜勤手当」や「年末年始手当」などがあります。

    認定介護福祉士は、介護福祉士よりも上位の資格であるため、介護士のチームリーダーとして役職につきやすい資格です。

    役職に就けば、役職手当がもらえるでしょう。

    また、介護福祉士は基本的に、勤続年数が増えるほど給料がアップする職種です。

    今の職場に不満がなければ、今の職場で勤続年数を増やして給料アップを狙う方法もあります。

    現場から離れることを考えている場合には、ケアマネージャーの資格を取得するのも良いでしょう。

    ケアマネージャーは、介護福祉士の上位資格です。

    厚生労働省の「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、ケアマネージャーの月収は362,290円で、年収に換算すると434万7,480円でした。

    介護福祉士の年収は、394万4,640円のため、約40万円の差があります。

    認定介護福祉士の場合、ケアマネージャーとの給料の差は介護福祉士ほどではないかもしれません。

    しかし、現時点では、ケアマネージャーのほうが年収が高くなるでしょう。

    認定介護福祉士は、転職の際に有利になるため、より給料の良いところへ転職するのもひとつの方法です。

    認定介護福祉士になるには

    認定介護福祉士になるには、認定介護福祉士養成研修を受講・修了しなければなりません。

    認定介護福祉士養成研修はⅠ類とⅡ類の2部構成で、合計600時間の全過程を修了すると、認定介護福祉士の申請が可能になります。

    Ⅰ類 Ⅱ類
    資格取得条件 ・介護福祉士としての実務経験(5年以上)
    ・現任研修受講による内省や学習習慣の獲得
    ・介護職の小チーム(ユニット等、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー(ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有することが望ましい
    ・居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験をもつことが望ましい
    ・認定介護福祉士養成研修Ⅰ類を修了
    ・介護職の小チーム(ユニット等、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー(ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有すること
    ・居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験をもつことが望ましい

    科目数 13科目 9科目

    引用:認定介護福祉士認証・認定機構 認定介護福祉士になるには

    認定介護福祉士養成研修は、各都道府県の介護福祉協会や社会福祉士協会が実施しているため、研修を受講したい場合には、各自治体に問い合わせる必要があります。

    また、費用についても、実施団体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

    認定介護福祉士になるための詳しい方法は、以下の記事を参照ください。

    あわせて読みたい
    認定介護福祉士とはどんな資格?メリットや取得方法について徹底解説 介護福祉士の上位資格として、認定介護福祉士があります。 国家資格である、介護福祉士については知名度が高く、資格取得に向けて勉強をしている方も多いでしょう。 し...

    認定介護福祉士を取得して年収アップを目指そう!

    認定介護福祉士は民間資格のため、年収に関する公的な情報はありません。

    しかし、介護福祉士の上位資格である認定介護福祉士は、資格手当や役職手当がつきやすく、年収500万円も夢ではなくなるでしょう。

    さらに、認定介護福祉士は、専門的な知識・技術をもっている証明となるため、転職の際には非常に優遇される資格です。

    認定介護福祉士の資格を取得し、より待遇の良い職場に転職して、年収アップを狙うのもよいでしょう。

    介護士の転職なら、カイゴLINKがおすすめです。大手他社にはない求人掲載数があるため、ぜひ自分に合った求人を見つけてください。

    欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

    全国4万件以上の介護・医療の求人から家チカ案件を探してみませんか?

    介護福祉士の求人を探す

    SNSシェア
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    監修者

    【保有資格】
    ・社会福祉士

    【経歴】
    ・医療ソーシャルワーカー約5年
    ・介護専門のキャリアアドバイザー約4年
    ・株式会社SOYOKAZE(旧 株式会社ユニマットリタイアメントコミュニティ)経営企画室約4年
    ・株式会社SOYOKAZE Staff Company(旧 株式会社ユニマットスタッフカンパニー)取締役社長約3年

    医療ソーシャルワーカー時代に都内有数の急性期病院で約5年、約1,000名の介護相談支援を行い高齢者福祉業務に従事。その後、介護専門のキャリアアドバイザーとして4年間で累計約1,000名の介護職希望者のキャリア面談を行う。
    介護業界有数の施設を持つ 株式会社SOYOKAZE にて経営企画に従事したのち、株式会社SOYOKAZE Staff Company の社長に就任。

    目次