介護職への転職は40代でもあり?未経験におすすめの施設・転職成功のポイント

介護職への転職は40代でもあり?未経験におすすめの施設・転職成功のポイント

40代で未経験の介護職への転職を考えるとき「仕事を覚えられるだろうか」「40代での転職は遅くないか」と不安に思うこともあるのではないでしょうか。

結論から言うと、40代・未経験での介護職への転職は十分可能です。

本記事では、40代・未経験で介護職へ転職するメリットとデメリットについて解説します。

転職後のキャリアプランについてもあわせて説明していますので、年齢を理由に介護職への転職を思いとどまっている方の参考になれば幸いです。

この記事でわかること

  • 40代・未経験から介護職へ転職するメリット・デメリット
  • 40代・未経験から介護職への転職を成功させるポイント

こんな人におすすめの記事です

  • 40代・未経験で介護職への転職を検討している方
  • 40代・未経験から介護転職は可能なのか、転職後のキャリアプランもあわせて知りたい方
目次

介護職への転職は40代・未経験からでも遅くない

介護職への転職は、40代・未経験からでも遅くありません。

その理由は、介護業界は常に人手不足の状態なので「年齢不問」「未経験可」の求人が多くあるからです。

また、介護の仕事はその方の生活を幅広く支える仕事なので、一定の社会経験を積んだ40代だからこそ活躍できるケースもあります。

一般企業での40代というと、転職するのには遅いと言われています。

ですが、介護系の求人サイトの中には、40代の方の応募割合が全体の約4割を占めており、

採用された割合でみても約3割の方が40代で、いずれも他の年代と比較して最も多いというサイトもあります。

そのため、40代や未経験での介護職への転職は、決して珍しいものではありません。

40代・未経験から介護職へ転職するメリット

40代・未経験から介護職へ転職するメリット

40代・未経験から介護職へ転職するメリットは自分の人生経験を活かせることだけではありません。

他にも、以下のようなメリットがあります。

  • キャリアアップできる
  • 景気に左右されない
  • 両親の介護に役立つ知識やスキルを学べる

まず、介護の仕事は40代や未経験から始めても、実績を積んだり資格をとったりすることで、リーダーやケアマネジャーなどへキャリアアップできます。

実際、子育てが一段落した専業主婦の方が未経験から介護職を始め、数年後に介護主任や管理者になるケースはたくさんあります。

介護の仕事は、40代の方でも長く続けられ、キャリアアップもできるといえるでしょう。

そして、介護の仕事は利用者の方の生活を支える仕事なので、景気の影響を受けにくいと言われています。

これから団塊世代の方々が75歳以上の後期高齢者になるため、要介護高齢者はさらに増加するでしょう。

介護業界が慢性的な人手不足ということもあり、介護職の需要は高く、今後も仕事を失いにくい状況が続いていくと考えられます。

また、40代になると、少しずつ自分の親の介護について考える時期になってきます。

採用面接をしていると、志望動機に「親の介護にそなえて」と言われることも多いです。

仕事の介護と、親の介護は一律ではありませんが、介護職として身につけた知識やスキルは、親の介護に役立つでしょう。

欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

約15万件から希望条件に合った介護の求人をご紹介します。

転職サポートを受ける

40代・未経験から介護職へ転職するデメリット

40代・未経験から介護職へ転職する際のデメリットは主に以下の2つです。

  • 給料が下がる可能性がある
  • 体力的な負担がある

転職してから後悔することがないよう、事前にメリットだけでなく、デメリットについても押さえておきましょう。

給料の面では、介護職の給料は他の仕事と比較して低い傾向があります。

国の施策で介護職の処遇改善が進んでいるとはいえ、異業種からの転職の場合は給料が下がることもあります。

介護職から介護職への転職でも、前職での経験が長かったり、役職についていたりすると、転職直後は給料が下がるケースも多いです。

しかし、昇格や他の職種へのキャリアアップ、資格取得などで給料アップを望めるケースもあります。

体力的な負担については、介護の仕事では避けて通れない問題ですし、40代になるとより負担感が大きくなります。

介護の仕事は体が資本なので、正しい技術を身につけ、体のケアを怠らないようにしましょう。

40代の介護職の年収

厚生労働省が毎年実施している令和3年度介護従事者処遇状況等調査によると、月給・常勤で働く介護職の平均給与は31万6,630円です。

40代の介護士に焦点を当ててまとめると以下の表のようになります。

特養や老健などの入所系の施設は、夜勤手当がつくこともあり、平均給与額が高くなる傾向があります。

サービス種別 40代男性の平均給与額 40代女性の平均給与額
介護老人福祉施設 38万2,550円 35万700円
介護老人保健施設 37万7,440円 34万1,050円
介護医療院 33万8,000円 31万2,570円
訪問介護事業所 34万6,180円 30万1,660円
通所介護事業所 32万3,430円 27万350円
通所リハビリテーション 33万9,390円 29万5,720円
特定施設入居者生活介護 33万8,490円 32万2,000円
小規模多機能型居宅介護 31万4,370円 29万1,710円
認知症対応型共同生活介護 32万7,950 28万8,130円

参考:「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(p188)」(厚生労働省)

40代・未経験から介護士になるには

介護の仕事は無資格・未経験からでも始められます。

しかし、業務内容は食事の支度や掃除、洗濯、買い物、見守りといった「生活援助」が中心です。

食事や排泄、入浴などの「身体介護」の業務を行うには、介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修などの資格取得が必要です。

介護士になる方法についての詳しい説明は、以下の記事を参照ください。

あわせて読みたい
介護士になるには?資格の取り方・最短ルートを状況別に解説 これから介護士になろうと考えたときに「どうすれば介護士になれるのか」「未経験でも大丈夫か」「必要な資格はあるのか」などと不安を感じることもあるのではないでし...

40代・未経験から介護職への転職を成功させるための4つのポイント

40代・未経験から介護職への転職を成功させるためのポイントは以下の通りです。

  • 多くの求人に応募する
  • 人生経験を活かせることをアピールする
  • 未経験でも働きやすい職場を選ぶ
  • 介護の資格を取得しておく

1つずつ解説します。

多くの求人に応募する

1つ目のポイントは多くの求人に応募することです。

複数の施設の面接で話を聞き、それぞれの施設を比較することで、働きたいと思う職場が見つかる可能性が高くなるからです。

いくら介護業界が慢性的な人手不足とはいえ、20代や30代に比べると40代の採用率は下がります。

時間の許す限り、多くの求人に応募し、条件に合う職場を探しましょう。

人生経験を活かせることをアピールする

転職を成功させるポイントの2つ目は、人生経験を活かせることをアピールすることです。

前職で担っていた役割やスキル、人生経験などを志望動機に織り交ぜてアピールできると、採用担当者は「この人なら職場に馴染めそうだ」「これまでの人生経験からトラブルが起きても落ち着いて対応できそうだ」と判断できるでしょう。

採用する側が、40代の自分のどこに不安を感じるかを想像し、先に答えを考えておきましょう。

未経験でも働きやすい職場を選ぶ

介護職への転職を成功させるためには、未経験でも働きやすい職場を選ぶことが有効です。

40代になると新しいことを覚えるのが、若い頃と比べると苦手になってきます。

また、未経験でも働きやすい職場は、教育体制が整っている職場が多いです。

入職後すぐに一人立ちさせてしまう職場では馴染むのに時間がかかってしまいます。

求人情報を読むだけではなく、教育体制について面接時に確認し、可能であれば見学にいき自分の目で確かめてみるのも良いでしょう。

介護の資格を取得しておく

転職活動までに時間的な余裕があるならば、介護の資格を取得しておくと、転職先の選択肢が増やせます。

介護について勉強できますし、未経験歓迎の求人でも資格を持っているほうが採用に有利です。

介護に関する基礎的な知識とスキルを身につけられる資格で、おすすめの資格は介護職員初任者研修です。

約130時間の研修を受講し、修了試験に合格すると資格がもらえます。

介護職員初任者研修の資格を取得していると、身体介護もできるようになるので、転職先の選択肢が広がります。

40代未経験から介護職へ転職する際におすすめの施設

40代の転職には、多くの不安がつきもので、不安の内容によっておすすめの施設が異なります。

スキルに不安のある方は、有料老人ホームがおすすめです。

有料老人ホームは民間企業が運営しているので、介護サービスの質を上げるための教育制度が整備されています。

未経験でスキルに不安がある方には仕事を覚えやすい環境と言えます。

体力に不安のある方はデイサービスが良いでしょう。

デイサービスは平日の日勤がメインの時間帯なので、一定の時間で働けます。

また、夜勤はありませんので、体力に不安のある方にはデイサービスがおすすめです。

給料に不安があるなら、特別養護老人ホームがおすすめです。

各サービスの中で、最も平均給料が高いですし、夜勤をするごとに夜勤手当がもらえます。

40代未経験からの介護職でのキャリアプラン

40代・未経験からの介護職でのキャリアプランについて紹介します。

まず、1〜3年目は実務経験を積み、介護福祉士の受験資格取得を目指しましょう。

経験を積むことで、知識やスキルが身につきます。

そして、介護職員実務者研修を受講し、3年の実務経験を積むと、介護福祉士の受験資格を得られます。

4年目以降は介護福祉士を取得し、リーダー的な役割を担います。

さらに実務経験を積むことで、ケアマネジャーや施設の管理者へのキャリアアップを目指せるようになります。

40代・未経験から介護転職を成功させよう!

40代・未経験からでも介護転職は遅くありません。

自身のこれまでの経験を活かして、活躍できる場はきっとあるでしょう。

転職を成功させるには、求人サイトを利用して、複数施設に応募することで、自分に合った施設を見つけやすくなります。

カイゴLINKには、約4万件の求人があり、大手他社にはない求人も多くあります。

介護職から介護職への転職も可能なので、あなたに合う施設を見つけられるでしょう。

欲しい介護求人が3分で見つかるすぐ申し込める

約15万件から希望条件に合った介護の求人をご紹介します。

転職サポートを受ける

SNSシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

監修者

【保有資格】
・社会福祉士

【経歴】
・医療ソーシャルワーカー約5年
・介護専門のキャリアアドバイザー約4年
・株式会社SOYOKAZE(旧 株式会社ユニマットリタイアメントコミュニティ)経営企画室約4年
・株式会社SOYOKAZE Staff Company(旧 株式会社ユニマットスタッフカンパニー)取締役社長約3年

医療ソーシャルワーカー時代に都内有数の急性期病院で約5年、約1,000名の介護相談支援を行い高齢者福祉業務に従事。その後、介護専門のキャリアアドバイザーとして4年間で累計約1,000名の介護職希望者のキャリア面談を行う。
介護業界有数の施設を持つ 株式会社SOYOKAZE にて経営企画に従事したのち、株式会社SOYOKAZE Staff Company の社長に就任。

目次